こてつん家っ♪

パピヨンこてつとワタシと、時々旦那っちのこと。ぷらす きらら。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靭帯 損傷。


こてつ、靭帯損傷してました


こてつが、ランにて ボール遊び中に びっこを引いた状態になったのが、1月25日。

翌日、びっこをひく事は無くなったので、しばらく様子を見るコトにしました。


それからの 1週間は、ちょっと大げさかなとも思いつつ、公園も お散歩さえも 控えました

お家の中では、きららと いつもどおり じゃれ合ったり、軽くどすこい稽古をしてみたり、

控えめに 取って来い遊びも してみたり。。。

お庭チッコしたら 小走りで戻って来るような。。。そんな感じ。


S0615146.jpg



1週間、そこそこ 安静にしたつもりだったので、

2月1日 土曜日に、公園に連れて行ってみました

こてつは、いつもどおり ハイテンションで ボールを要求

最初は 様子見のつもりで、わりと近めに 投げては 取ってくる感じ。

2,3回した時、こてつが 走らないことに 気づく。

いつもは、ダッシュで戻って来るので、やっぱりおかしい。

若干、びっこひいてる 感じもあり。。。 即 中断


S0645149.jpg



病院にて、状態をお話し、触診していただいたところ

おそらく 左肩の内側の靭帯(わきの辺り?)が 損傷した事による 肩関節不安症。

激しい運動などをするコには、珍しくないケガだそうです。

靭帯が のびる または 切れることにより、しっかり固定されていた関節が 不安定になり、

(亜脱臼のような感じ?)違和感や痛みを感じているらしいです。


本来、こういう場合の しっかりした診断は、麻酔をかけての検査が必要らしく、

本日、検査をお願いしました。


S0725157.jpg


治療に関しては、外科的方法と 内科的方法。

手術を回避した場合でも、2、3週間ほど 左脚を吊っての生活です。

しかし、完治ではないので いつ再発するかわからない。

この先、10年くらい 痛みが出たら お薬でだましだまし いくか。。。


または、手術。

手術した場合でも、術後 2、3週間 左脚を吊って その後リハビリ。

ほぼ 元の生活レベルにまでは 戻れるらしい。


検査して、先生のご判断は、外科的方法の方がベストであろうという事でした。

まず、本来わんこの脚は 横に開く域が少なく、わんこにもよるけど 30度前後くらいらしい。。。

こてつの右脚は 34度くらいで、まぁ正常の域。

問題の左脚は 60度。

さらに、肩関節の骨の動きをみても、大きくずれる状態。


4歳という年齢からして この先 まだ長いので、手術するのが良いだろう との ご判断でした。

元々、こてつの肩関節は、骨の形も あまりよろしくないようで、

過度の激しい運動を続けると、右肩も 同じような状態になる可能性もあり。

術後 元通りの生活に戻っても、今までの様な 激しいボール遊びは できないかもしれません。



ワタシが勝手に感じてる事ではあるけど、

こてつは、ホントに ボール遊びが大好きなコで、その時は おやつさえも無視するほど。。。

そんなに好きな ボール遊びを 取り上げることは 可哀そうでしょうがない

先生も、そのコの楽しみを 完全に取ってしまうのは かわいそうなので、

ほどほどに。。。と おっしゃってくださいました。



いつも全力投球な こてつに、ボール遊び 控えめに。。。って

理解させるのは むずかしいだろうなぁ(笑)


S0705155.jpg


こういう時、へたれハートな ワタシは、どんどんマイナス思考になってしまう

現に いろいろ考えてしまい、どっぷり 落ちてました

手術が決まって、すこし 前向きにがんばろうと 思えるようになったので、

もやもやも、ちょっと晴れたかなっ

手術は、2月7日 金曜日の 予定です。



今は あまり、ブログに 向かう気分にもなれず。。。

すこし キモチが落ち着くまでは、ブログ更新、ご訪問やコメントも

控えめになってしまうかもしれません。


ウジウジしてる キャラでもないんだけどっ

飼い主が ちゃんとせねばっ   しっかりしろーっ ワタシっ



DSCF5165.jpg


『 ゆかぶぅ☆に、喝ーーっ !!! 』

   
  

スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://babi1106.blog69.fc2.com/tb.php/732-bca696c2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。